女性の働き方を早めに検討する

男女差別も以前よりは解消され、仕事においても女性が活躍できる環境が整ってきたと言えます。しかしそれでも女性にとってキャリアを阻害する要素があると言え、出産や結婚などがその障害になる事もあるでしょう。出産するとどうしても休む必要があり、子供が生まれると小さな内は子育てに追われて仕事どころではない事もあるかもしれません。このような将来の事態に備えて、なるべく早めに働きやすい職種を見つけておいた方が良い場合もあると言えます。

看護師の仕事におけるメリット

仕事と子育ての両立を検討した場合に良い職種の一つとしては、看護師などが挙げられるでしょう。看護師の仕事は男性に負けない収入を得る事もできますが、それとともに女性が多く活躍する現場であると言うメリットがあるかもしれません。女性が活躍職場であるため、雇用する側も長く働いてもらえるように待遇面が良い事もあり、出産や子育てに協力的な場合もあると言えます。例え職を失っても、再就職しやすい職種ですので、その点もメリットの一つです。

介護業界への転職も視野に

看護師においても忙しい職場は存在しており、手術などが多い所、人材不足の科目、夜勤などがある所では子育てとの両立が難しい場合もあるでしょう。そのような所を避けて仕事を行う事もできますが、それも難しい場合には介護業界への転職も視野に入れておくと良いです。介護業界も看護師を必要としており、中々見つからない施設もあるため待遇面が良い事があるかもしれません。そのため、子育てに関しても相談可能な施設を見つける事も不可能ではないです。

主婦のパートで問題になるのは、収入金額によって、夫の扶養になれるかどうかです。税金上の扶養は額面で103万円、社会保険の扶養は130万円を超過すると、夫の扶養にならないので注意が必要です。