子ども達の工作の下準備に追われる日々

保育士になると、デイリースケジュールに加えて、日々の遊びの準備があります。通常の保育での折り紙、塗り絵、空き箱を使った工作。イベントのお店屋さんごっこや運動会の旗づくり。雨の日に外に出れないときの図画工作遊びなど、子ども達が作り物をする前段階の用意をしなければなりません。どんなものを作るかのアイデアをはじめ、同じ形を大量に素早く作れる知識と技術などを身につけておくと、保育の仕事がしやすくなるでしょう。工作のアイデア集などの本も発売されています。色んな情報を仕入れたり、ハサミやマーブリングなどの道具の使い方も学んでおきましょう。

縫い物もできると心強い!

意外とやることの多い縫い物も、できるようにしておくととても役立ちます。おままごとの食材づくりやお人形の服の修理、お遊戯会などで使われる服や小物づくりで針と糸を使ってお仕事することがあります。針でケガをしたりしない様、少しずつ慣れておくと良いでしょう。大きいものになるとミシンを使うこともあります。手芸が趣味でない方は、なかなか使用することが少ないと思いますが、いざという時に使えるととても便利ですよ。

音楽、体育何でも来い!

保育の中でよく使われる、ピアノ。幼児クラスになるほどピアノの出番が多いのですが、みんなで歌う合唱をはじめ、リズム運動の伴奏、卒園式などで演奏する機会があります。弾く曲を何度も練習してうまくなっていけばいいのですが、譜読みや基本の演奏技術を身につけておけば、あまり緊張せずに演奏することができます。また、子ども達が大好きなものに運動があります。発達盛りの子ども達にとっては、体が動きたくてウズウズしているでしょう。保育士が体育の知識をもって、見本を見せられるとより良いですね。様々な分野に得意不得意はあるでしょうが、幅広い知識を身につけておくと、日々の保育の中で力になりますよ。

保育士の求人を大阪で探すなら、ハローワークや、インターネット上で探すことができます。条件等をよく検討することが大切です。